『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TOP
『五右衛門ロック まとめて観劇レポとかいろいろ その1』
千秋楽が終わってもう1週間以上!
もう9月!
なんだけど、個人的思い出日記
やっとこ1幕の終わりまでです。
(長いので畳んでます。)


新宿コマの7/16マチソワに始まって、
未來クンBirthdayの8/20マチソワ
8/23マチソワそして大千秋楽と計7回見ました。
満足、今回はお腹いっぱい!です。
メタマクの時より回数も多いけど、
まともなオペラグラスを購入したのが一番大きかった。
前楽日23日のマチネは、3階A席だったのだけど
オペラグラスのおかげでそんなに疎外感は感じませんでした。
でも、音響が下の方で聞こえてる感はありました。
舞台を下手隅から覗き込む感じでしたが、
1階では見えないようなところがよく見えて
これはこれで面白かったかなと思います。
さてさて、本編ですが…
カルマ王子登場前の部分は以前に書いたモノ
追加程度でサラッと…


「五右衛門ロック」でお竜が歌うシーン
大阪でやっと誰がどこにいるのか分かってきました。
聖子さんがお竜と櫓の上にいたかと思えば
最後の決めポーズでは最前中央にいたり
群舞シーンも見ごたえがありました。


ペドロとアビラのコンビ登場シーン
動きが細かくって面白くって…毎回とっても楽しかった!!
お竜の「チキン南蛮弁当になっちゃうわよ~ん」
がどんどんエスカレートしていくのも毎回のお楽しみ
そして「ゾクゾクっと海賊!」
みんなで並んで踊ってるところが好き。


船が難破して板切れでサーフィンのペドロや
お魚と戯れる(!?)灸六


バナナを食べる子、ホント憎ったらしい顔してるよね~
五右衛門&左門字とタタラ軍の縄跳び使いの戦いシーン
面白いけどやや軽快さには欠ける感じがちょっと残念。


クガイ王の前に連れて来られる五右衛門&左門字
お竜のギバちゃん顔、東京ではまだやってませんでした。
このシーンも含め松雪さんの百面相には楽しませて頂きました♪


そしてそして、クガイ王の
「まだ、あきらめきれぬか。カルマよ。」のセリフで暗転後
後ろ姿のカルマ王子が舞台中央に浮かび上がるのです!!!
振り向いて歌い始める「復讐こそわが道」
王子登場から歌が終わるまでほとんどオペラグラスで
王子ガン見なのでよくわかりませんが、
途中からボノー将軍、シュザク婦人、バラバ軍の人々も
加わり一緒に歌ったり踊ったりしています。
間奏部分でバラバ軍の人と一緒に踊ってるところの振りが好き。
「(バラバの海よ)血の色に染まれ」で照明が
パッと赤く変わるところも好きです。
大阪公演は1ヶ月ぶりの観劇だったのですが、
王子の歌い方にに変化が・・・
「孤独にはすぐ、慣れた」の「慣れた」のところ
少し溜めてから歌うような感じ・・・
CDに録音されてるのとは違うんですよ。
DVDはどっちバージョンですかね?
大阪で聞いた感じだといいなあ~


歌が終わってボノー将軍の「なんかこうー!」で
我に返る感じの私。
タイタニックのまねは東京で見た時からやってたけど、
どんどんエスカレートしてセリフとかも増えてましたよね。
「さすがに古いだろ!」と突っ込む王子に
「温故知新!」のタックルのボノー将軍。
私が見た中では前楽ソワレの時が一番激しかった気がする(笑)
そして「ジャックがやりたければ言えばいいのに…」とか
大楽では「ディカプリオが…」って言ってましたね。


そして、ペドロとアビラも登場。
小姑のように細かい突っ込みを入れるカルマ王子
「このタカラヅカのような(男は?)…」とボノー将軍。
(20日Birthdayでは違う言い方でしたっけ?覚えてない・・・)
シャキーン!と決めポーズが不自然だけどカッコイイの!


戦闘準備でバラバ軍が去りペドロとアビラの二人に…
ここの二人の会話の中で語尾「(なんちゃら)ル~!」「ル~!」
ってところがあるんだけど、
ふと、この人達の話し方「ルー大柴」だなあ~と思いました。
そしてタップバトル!
初めてなのにやたらタップが上手いカルマ王子!!!
途中足がつってしまうペドロ
「I love you!」「コノコ キライ!」「(やっぱり)I love you!!」
とリアクションが変わっていくのが楽しいですね。
王子のタップも毎回微妙に違う感じで
(良い悪いじゃなくて強弱の付け方というか…)
今日はどんな感じだろう?!ってワクワクしながら見てました。
「世界はお金で回ってる」で3人で歌って踊ってるところも
未来クン本当に楽しそうでこっちも嬉しくなってしまう。
「(死の商人)と王子!」で拍手の中戻ってくるボノー将軍が
「拍手ー!!」と再度盛り上げてくれます。


超長距離砲をタタラ島に撃ち込み
小舟に乗って攻撃に向かうボノー将軍&カルマ王子&ズゴン
後手にバラバ軍の描かれた団扇のような物を持って
「おー!」とバラバ軍の声を腹話術的に出すところの
王子の口がかわいい!!!


タタラVSバラバの戦闘の中
左門字を捲いてどこかに去る五右衛門
王子の殺陣が!!!美しい~!
宮殿に攻込みクガイとお竜に対峙する王子
二人が父子と気が付き「親子なの?」
とお竜が言うところで何故か笑う人が結構いて興覚め。
(さすがに大楽の時はいなかった気がするけど)
クガイ王に斬りかかるも逆に腕を斬られてしまう王子
そこへ王子の乳母が止めに入るが
クガイに襲いかかり刺されてしまう。
負傷して走り去る王子


タタラ軍を倒せず船に戻るボノー将軍とバラバ軍
「ちっちゃいアナタ」マリさん最高!!!
魚ガールズの「もっともっとタケモト!」とか
歌途中でシュザクの衣装にまとわりつくボノー将軍とか
「クガイを皆殺しにするぞ!」
「クガイは一人だから皆殺しは無理よね・・・」
とかも東京で見た時はまだ無かった気がする。


宮殿の中のお宝を探るお竜
クガイ王が現れて…五右衛門も登場し…
二人の男の因縁が明らかになってくる。
大人の「運命」のシーン。
なんだけど、何度も見てると
ちょっと眠~くなってくるシーンでもありました。
(ゴメンナサイ)
抗夫の「20分間の休憩で~す」で
結構前の方の席の人達がゾロゾロと
通路に出てきてた回があってちょっとびっくり。
五右衛門の「まだ休憩じゃないぞ~」で
あの人達ドキッとしたかしら?
【2008/09/01 10:32】 森山未來 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
<<五右衛門ロック まとめて観劇レポとかいろいろ その2 | ホーム | 五右衛門ロック 大千秋楽 カテコ編>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://pekorinn.blog20.fc2.com/tb.php/187-1d774c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。