『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TOP
『絵本の読み聞かせ』
今日は、2年生の娘のクラスに行って来ました。
教室に入るととっても騒々しい雰囲気で
けんかしてる男の子と女の子なんかもいて
だいじょうぶかな?って感じだったのですが、
チャイムがなってはじめる頃には静かにしてくれて
逆にびっくりしました。
以前来た時の様にいつまでもしゃべってる子もいなくて。
けじめが付けられるようになってきたということかな?
子供ってすごいね。
more…
スポンサーサイト
【2008/02/15 14:41】 読み聞かせ | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
『'07.6月 絵本の読み聞かせ 2年生』
今日は、娘のいるクラス。
教室に入ると「○○○ちゃんのお母さんだ~」
と、クラスメートから声がかかりました。

本当は、今回は娘に選ばせる予定ではなかったんだけど、
リクエストされてしまったので
1冊は、娘が見つけてきた絵本に・・・

1冊目は、「だじゃれ すいぞくかん」
3年生で読んだものと同じシリーズのお魚バージョン
子供達も喜んで聞いてくれたんだけど、
ちょっと浮かれ過ぎちゃった。

2冊目が、娘の選んだ絵本(「ひかりのつぶちゃん」)だったんだけど、
こちらは逆に「絵」を楽しむタイプの穏やか系
女の子うけは良さそうだけど、男の子にはたいくつかな?
という感じだったので、案の定よそ事やおしゃべりを止めない男の子達が・・・

この2冊だけでは、絶対時間短か過ぎだったので
今回はもう1冊用意していきました。
3冊目は、「だるまちゃんとかみなりちゃん」
ちょうど雨降りだったこともあり、選んでみました。
かこさとしさんのだるまちゃんシリーズの中でも
特に好きな作品です。
騒がしかった男の子達も、随分静かになって聞いてくれました。

授業参観で来た時は、落ち着いた印象のクラスだったのですが、
やっぱり、まだまだ2年生。
つまらないと静かにはしていられませんね(笑)
でも、大半の子が真剣にこちらを見つめていてくれて
とても嬉しかったです。
【2007/06/18 20:08】 読み聞かせ | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
『'07.6月 絵本の読み聞かせ 3年生』
わが子たちは、2、4年生なのですが、
近所の顔見知りの子が何人かいて
ほとんど話しとかはしたことはないんだけど、
知ってる人だと嬉しいのかな?
ニコニコ(^^)してくれて
私も落ち着いて始められました。

今日読んだのは、2冊
1冊目は「だじゃれ どうぶつえん」
1ページごとに動物の絵と「だじゃれ」でその動物が紹介されます。
「あ、ひちじ!(ひつじ・7時)」とか
「もう、ごじら(ごりら・5時だ)」とか・・・
子供達も素直に楽しんでくれて、
分かり易いところでは笑いも出て
つかみはOK!という感じ。

2冊目は「だいふくもち」
田島 征三さんの絵本なのですが、
同じく田島さんの「ふるやのもり」が好きなので
図書館で見つけて借りてみました。
とてもおもしろいストーリー展開で
昔話のダイナミズムが味わえるいい作品だと思うのですが、
ラストシーンは、一度聞いただけでは
子供には少し分かりにくいかも・・・
方言(土佐ことば)が使われているので余計に・・・
読み聞かせには少し工夫が必要かもしれないなあ、と思いました。
今回も、たぶん子供達は「???」だったと思うけど、
それはそれで良いと思うので、敢えて解説はせずに終わりました。

絵本をこの2冊しか用意していなかったら
随分時間が余ってしまいました。
読む絵本の選択と時間配分は、難しいなあ~と、毎回思います。
【2007/06/15 20:51】 読み聞かせ | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
『3びきのくま』
今朝は、1年生の娘のクラスに行って来ました。
絵本3冊も準備していったのに読んだのは1冊だけ。
担任の先生、早々に戻ってきて
クラス全員で「ありがとうございました。」って
挨拶させちゃうんだもん。
ちょっと残念でした。
1年生の集中力を考えるとあまり長くならない方がいいのかもしれないけど・・・

さて、今回読んだのは「3びきのくま」
娘が選んだんだけど、私も好きな絵本でした。
最初は、とっても騒がしかった子供たちも
読み始めたらすぐ静かに聞いてくれます。
中には、よそ事して遊んでる子もいるけど、
耳ではお話を聞いてくれているはず。
物語が進むにつれてみんなだんだんと絵本に引き込まれていった様子。
でも、シーンと静まり返っていると
「楽しんでくれているかな?」
と、ちょっと不安にもなるんだけど
ラスト、くまたちが女の子の寝ているしんしつに入るところで
「やばい!」
という男の子のつぶやきが・・・
これで私はグンと気持ちがのって
最後まで気持ちよく読みきることが出来ました。

今年の秋の読み聞かせは今回1回だけになってしましました。
(私がやるのは)
もう少したくさん読む機会が作れるといいのになあ・・・
【2006/10/20 11:29】 読み聞かせ | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
『今日は1年生』
今朝は、娘のクラスに読み聞かせに行ってきました。
読んだ本は、娘が選んだ2冊。

「まっくろネリノ」
作・絵: ヘルガ=ガルラー
訳: 矢川 澄子
出版社: 偕成社

「ぼちぼちいこか」
作: マイク・セイラー
絵: ロバート・グロスマン
訳: 今江 祥智
出版社: 偕成社

何か私、偕成社の本ばっか読んでるね、今回。
偶然だけど。

教室に入ってからも結構いつまでもガヤガヤしていたんだけど、
読み始めたらすぐ静かに聞いてくれました。
「まっくろネリノ」は、色彩がとてもきれいで
闇夜に見えなくなってしまう真っ黒なネリノの姿に
素直に反応してくれたりして嬉しかったです。

今日も担任の先生は随分早く戻ってきて
2冊目を読もうとしたら
「あっ!まだあるの?」みたいなリアクション@先生
にちょっとあせっちゃいました。
「ぼちぼちいこか」は、
ページをめくるごとにドッカン、ドッカン笑いが出て
楽しんでもらえました。
関西弁による語り口によるところが大きいとは思うけど。

関係ないけど、
訳者の今江祥智さんの本、小学生の頃大好きで
図書館で何度も借りて
最終的には誕生日プレゼントに買ってもらったくらい好きだった。
【2006/07/03 09:43】 読み聞かせ | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
| ホーム | 次ページ

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。